« 『白旗宣言』第15回放送 | トップページ | いち金旅館4月 »

2011年3月18日 (金)

あの日から一週間

この度、震災で尊い命を亡くされた方々に、心よりご冥福を申し上げます。
また被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。
そして未だ安否不明の方々が、一刻も早く無事に見付け出される事を祈り、願っております。

日本に未曾有の被害をもたらした東日本大地震から、一週間が経過しました。
時間が経つにつれ、どんどんと被害が明らかになってきています。

今回の災害について、このブログで書くべきかどうか悩みました。
自分の中で、いろんな想いや感情が錯綜して、考えがまとまらないというか、文章として表現できないというか、どんな言葉を書き連ねても意味がないような気がしてというか。
それもこれも自分の表現力の無さがもたらしたものなのですが。
いっそ書けないのなら、誤解を生むような表現しか出来ないのなら、むしろ書かない方がいいのかも、とも考えました。
でもそれでは、前に進めないような気がして。筆をとります。

あの日、画面から流れてくる映像はショッキングなものでした。

人々のいつもどおりの平穏な日々が、
今まで築き上げてきた文明が、
たくさんの歴史や想い出が詰まった町が、
そこにあるはずの命が、一瞬にして飲み込まれてしまいました。

胸が締め付けられる想いでした。
自然の猛威の恐ろしさに、やり場のない悲しみが溢れてきました。
それは一週間たった今も、変化することはありません。

被害を受けられた方は、どんなに怖かったか、どんなに悲しかったか、どんなに辛かったか。
そして今も、どれだけ不安な日々を送られているか。

でも被災地で懸命に生きようとしている姿、
一日でも早く町を復興させようとしている姿を見て、
逆に勇気を元気をもらいました。

国内にとどまらず、海外からの支援の申し出。
ボランティア、義援金の輪。
涙が出そうになります。

人の温かみ、心の繋がりが、どれだけ大切なものなのかを改めて感じることが出来ました。

被災者の皆さん、負けないで下さい。
決して挫けたりしないで下さい。
僕らがついています。
世界のみんながついています。
皆さんが一刻も早く笑顔に戻れるように応援しています。

そして復興への足掛かりとして、小さな事でも支援していこうと思います。

こんな事を仰ってる方がいました。

 無理に動こうとしない、
 無駄に動こうとしない、
 それが最初の被災地への支援なんです。

確かにそうだと思います。 
 無理に現地へ赴こうとしない。 
 無駄に買い込みをしない。
これだけでも第一段階の支援に繋がるのではないでしょうか。

それと我々の舞台やイベントなんかでも、義援金の募金をしていきたいと思います。

このブログをどれだけの方がご覧になられるか分かりませんが、まずは身近なところから、自分の出来る範囲で無理のない程度でいいんで、支援していただければ、ご協力いただければなと思います。

少しでも早い復興、今までのような平和な日常が戻って来る事を願っております。

★レスカ岡崎★

|

« 『白旗宣言』第15回放送 | トップページ | いち金旅館4月 »

岡崎」カテゴリの記事

コメント

岡崎サンの気持ち凄く伝わりました。私もテレビで沢山の方が歯を食いしばって生きておられるのを見ると自分も頑張らなくてはと思います。そして私の気持ちが少しでも役に立てばと思い募金しました。今日も街中で何十人の方が募金箱をもっておられるのを見てみんなの気持ちは一つなんだと嬉しく思いました。
今は苦しいですがみんながついています!!!

投稿: 萌 | 2011年3月19日 (土) 19時12分

毎日被害が報告されますね。被災地の皆様の苦労には心が痛みますが…多少は落ち着きはじめ色々な場所からの支援も本格的に始まったみたいで光が差してきたように思います。皆様に早く笑顔が戻る事を祈りながら自分に出来る事をしようと思います。

投稿: おふじ | 2011年3月21日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430167/39282127

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から一週間:

« 『白旗宣言』第15回放送 | トップページ | いち金旅館4月 »